img20091030.jpg
昔、こんなクイズがありました。


AさんとBさんとCさんが初めての海外旅行に行きました。

AさんとBさんは、日本との勝手の違いに戸惑う事もあったのですが、

Cさんだけはいつもと同じように過ごす事が出来ました。

何故でしょうか?

Cさんだけが語学に堪能だったわけではありません。


正解は、


AさんとBさんが両親で、Cさんは赤ちゃんだったから。


昔は、なるほどと思った正解も、今では不正解に感じます。

Cさんこそが一番敏感に勝手の違いを感じたんじゃないかな。




何人かの方がコメントして下さっているように、妻の実家の博多に行っておりました。

博多では、ヨチヨチ歩きの月光君を博多の方々に見てもらえて大満足。

でもそれ以上に、月光君を見守る博多の方々の顔を見られて大満足でした。


博多で、沢山の勝手の違いを体験した月光君。

いつもと違う人々、いつもと違う家、いつもと違う音、いつもと違う香り。

戸惑い、時には恐る恐るながらも、興味津々。

彼には、博多での体験がどう映ったのでしょうか。



最初の写真は、福岡のシンボルタワーです。

このタワーのすぐ目の前が海なんです。

この博多の海が月光君が初めて触った海になりました。

砂浜で向かい風に負けぬよう、四肢を踏ん張り、への字の口で懸命に立つ我が子の姿に‘成長’の二文字が重なりました。


最後に写真をもう1枚。

博多の動物園で撮ったお気に入りの1枚です。

空にkissするキリンです。


ではまた。

img20091030_1.jpg