img20090618.jpg
福山潤君と2ショット。


「金色のコルダ」では、何度もお会いしている潤君。

しかし、コルダ以外の作品で、しかもちゃんとスタジオでご一緒するのは、なんと!初めてだと判明しました。

初めてを記念しての2ショットです。


作品は、「狼と香辛料□」

潤君は、主役のロレンス役。

私は、リゴロ役です。


原作も読ませて頂きましたが、大変面白かったです。

読む前に調べた時に、「剣と魔法が登場しないファンタジー小説」と書いてあり、面白いカテゴリーだなぁ~と思ったんです。

そして、読んでみて思い出したのは、金沢の茶屋街に書いてあった言葉。

「茶屋街に通っていた旦那衆は、茶屋街で遊ぶ為に色々と勉強していました。」

商人のロレンスと郭言葉のホロとの会話に、遊ぶ為に勉強する粋を感じました。


ではまた。