CA3A0002.jpg
今日は、高岡です。


高岡の劇場のロビーにズラリと並んだ公演ポスター。

全て俳優座の公演ポスターです。

今まで高岡に来た俳優座公演の全てのポスターが貼ってありました。

嬉しいお出迎えです。


手前から奥に向かって古いものになるので、共演者達と、

「あぁ~、これも来てたのか。」とか、

「若いなぁ~。」等々。


私が最初に高岡に来た公演は、奥から3枚目でした。

「結構最初の方から来てる。」

なんて思ったら大間違い。

実は、この裏側にもポスターがびっしりと貼ってあって、そちらの方がもっと古いんです。

最初どころか、半分にすら入っていません。


高岡の鑑賞会は今年で40周年、俳優座は今年で65周年ですから、当然なんですけどね。



古ければ良いってものでも無いですし、新しければ良いってものでも無い。

熟成と新鮮。

どちらも美味しいはずです。

要は、どれだけ敏感な舌を持っているかどうか。

イメージ通りに作れる腕を持っているかどうかです。


正しいと間違いの境界線が曖昧な仕事ですが、

ただ、今、私が高岡にいられるのは、自分の力だけでは無い事だけは間違いありません。


ではまた。