img20090423.jpg
私の所属劇団、俳優座。

その本拠地は、六本木。

あちこちから東京タワーの見えるこの街で、今、舞台公演の稽古中です。

今日から立ち稽古でした。

今年最後の舞台公演は、中部北陸を巡る旅公演。

演目は、藤沢周平さん原作の「三屋清左衛門残日録~夕映えの人~」です。

私は、清左衛門の息子の三屋又四郎役。

武士で、あなたで、お兄様で、家督を継ぐ者。

殺陣もあるので、しっかりやらないと。

大怪我をしますからね。


既に100ステージ以上公演しているこの作品ですが、稽古をする度に新しい発見があります。

特に、物言わぬシーン。

目で交わす会話、秘めた想い、後ろ姿。

言葉以上に深く伝わるもの。


稲妻のシーン好きだなぁ~。


銀のラインは水平線か、この世とあの世の境目か。


着物姿の女性達の艶。

腰に人殺しの道具を持ち歩いている男達の凛。


約3週間の短い旅ですが、今回はどんな出会いがあるのでしょう。

楽しみ!

中部北陸の皆様、宜しくお願いします。


楽しみを倍増させる為にも、今は稽古に励みます。



旅公演中は、しばらく東京タワーともお別れです。

もう何年も見続けている東京タワー。

稽古が上手くいっている時には暖かな光に思え、ダメな時には冷たい光に思えます。

でも、変わるのは私の気持ち。

物言わぬタワーの光は変わらない。

なんて思っていると、変わったりして!!

こんな姿も持っています。

やるなぁ~東京タワー!

タワーに負けないように、頑張ろう。

否、楽しもう。


ではまた。

img20090423_1.jpg