今まで、外でボーっと月を見上げていました。

夏の頃に比べると、月と夜の雰囲気が随分変わりましたね。

月が輝きを増し、月影が濃さを増し、想いが深さを増す。

そんな、秋の夜長です。


さて、私が、シュタイン博士のCVを担当している、「ソウルイーター」。

この作品では、‘共鳴’が、一つのポイントになっています。

関東圏では、一週間に二回。 月曜日の夕方と、木曜日の深夜に放送中で、名づけて、‘共鳴放送!’


私は今週、更に更に、共鳴しました。

アニメの収録があったので、共鳴プラス。

DVD用のオーディオコメンタリーの収録があったので、共鳴プラス。

そして明日は、イベントがあるので、共鳴プラス。


一つの作品に、一週間で五回かかわるのは、かなり珍しいです。


声の仕事は、舞台公演と違って、皆さんと直接お会い出来る機会が、とても少ないです。

ですから、イベントは貴重ですね。

舞台の本番と一緒で、怖い部分もありますが、やはり貴重な時間です。


明日は、楽しめるかな。

楽しんでもらえるかな。

どんな方々と会えるのでしょうか。

月を見上げて下さった方々と会えるかな。


もう一度、月を見上げてから寝ます。


おやすみなさい。


ではまた。