2008年09月

私は単なる

img20080914.jpg
いよいよ、こやつの季節がやって参りました。

写真の物体が何かと申しますと。


栗きんとん!

‘中津川、すや’の、栗きんとんで御座います。

お正月に食べる栗きんとんとは、ちょっと違いまして、茶巾絞り型。

水分は少なめですが、それでいて、しっとり系。

とても素朴な味なんですが、好きなんです。

以前、某雑誌のインタビューでも紹介したくらい一押しです。

こやつは、‘すや’の看板商品にもかかわらず、季節限定商品。

半年間限定という微妙な限定ですが、やはり、私には秋の足音です。


因みに、岐阜県中津川にあるお店ですが、

名古屋の松坂屋でも買えます。

お取り寄せも出来ます。

それから、渋谷の西武でも買える事をつい最近知りました。


念のために言っておきますが、私は‘すや’の回し者ではありません。

単なる、甘味好きです。


ではまた。

キリン

img20080912.jpg
今日、スタジオ入りの時間を間違えて、1時間半も早くスタジオに到着。

そして、外は急な雨。

そして、私、傘が無い。


スタッフの方も誰一人いないスタジオ。


シーーーーン。


こんな機会は滅多に無いので、普段やらない事をやってみる。


スタジオの床に大の字に寝てみたりして。


そしたら、マイクスタンドが、キリンの首のように見えました。


何でマイクがキリンに見えたかというと、

昼間、キリンを見つけたから。


知らないものを見つけたり、知ってるものを見つけたり。

そんな1日でした。


ではまた。

img20080912_1.jpg

月光

今、福岡空港です。

これから、東京に戻ります。

次に妻と我が子に会えるのはいつになるのかな。


博多では、無事に我が子の出生届を出しました。



我が子が生まれるまでの日々。

何度も見上げ、見上げて頂いた空。

博多に向かう飛行機の中から見た空。

そして、つい先ほど博多で見上げた空。


これからブログ上では、色々な想いを込めて、我が子を、「月光」と呼びたいと思います。

以後、お見知り置きを。

ではまた。

ピッタリ

「三屋清左衛門残日録 夕映えの人」の旅公演。

今日、和歌山にて、無事に千秋楽を迎えました。

短いけれど、色々盛り沢山な旅でした。

公私共々盛り沢山。

お疲れ様でした。



今、関西空港のカフェにいます。

空港に来る途中、ちょうど車窓から夕陽が見えました。

「夕映えの人」の千秋楽には、ピッタリ過ぎるほどピッタリの風景。

今回は、色々と‘ピッタリな旅’でしたね。



これから博多に向かいます。

博多では、月が見えるかな。


10日には、東京で吹き替えの仕事がスタート。

旅公演後、初の仕事は、「ギルモアガールズ」の、クリストファー役。

これも、ピッタリ過ぎるほどピッタリのシチュエーションで笑ってしまったほどです。

「ギルモアガールズ」ファンの方は、どうぞお楽しみに。

「あ~ぁ、この回の収録だったのね。」と、見れば絶対分かると思います。



とにかく、今夜は博多です。

‘バッタリ大の字’ならぬ、‘ピッタリ川の字’になります。

お疲れ様でした。


ではまた。

山に向かいて

img20080905.jpg
今、和歌山です。

昨日、和歌山城近くを歩いていたら、城の石垣に忍者発見。

写真の中に人がいるのが分かりますか?

迷彩服を着た人。


石垣の草取りをしている自衛隊の方でした。

和歌山城って、自衛隊が管理していたんですね。

知らなかった。

全国のお城も、自衛隊管理なのかな。



さて、昨日は、和歌山の粉河での公演でした。

和歌山駅から2両編成の電車に揺られる事、約30分。

粉河寺のある場所としても有名です。


でも、私の粉河の楽しみは、食べ物と風景。


粉河では、毎回沢山のお通しの食事を出して下さいます。

数ある品々の中で、私のお気に入りは、“茶がゆ”。

粉河公演があると聞いた時から、この茶粥が楽しみでした。

ほうじ茶とご飯と塩少々の、実にシンプルな食べ物なのですが、美味しいんです。

前回寄せてもらった時も、今回も、お代わりを頂きました。

美味しかった。


以前、作り方を教えて頂き、家でも作ってみました。

でも、全く違うものになってしまうんです。

私の料理の腕? お米? お水? 何が違うのか..。


今回、その原因が分かりました。

答えは、山。


粉河の劇場は、楽屋口の目の前に、山並みが広がっています。

日本各地の劇場に行っていますが、これほど近くに山並みが見える所を私は思い出せません。


楽屋入りする時に山並みを見て、廊下を通る度にこの風景を見られるのですから、茶粥も美味しいはずです。

決して、私の料理の腕のせいでは..。



楽屋口を出て、ちょっとした土手を登ると、その向こうはミカン畑。

そして、山。

こういう自然の風景は、私の頭の中の細かい事を吸い取ってくれるみたいです。

細かい傷で曇ってしまったガラスの透明感が増すような感じ。


ありがとう、粉河。

“シンプル”

たぶん、これなんでしょう。


ではまた。

CA3A0001.jpg
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ