2008年07月

ふるさと

辞書によると、‘ふるさと’とは


生まれた地。

育った地。

古くから馴染んだ地。


dsc02938.jpg


夜景の光。

この街は、妻の、ふるさとです。

彼女が生まれ育ち古くから馴染んだ地。



dsc02940.jpg


朝焼けの光。

この街は、我が子の、ふるさとになります。

我が子が生まれる地。



dsc02946.jpg


私は、この街の、かき氷の注文の仕方すら知りませんでした。


ふるさと。


今はまだ、おこがましくて、そう呼べないけれど、いずれ呼びたい。

我が子が生まれ、父から、親になって行く時間と共に、この街を、ふるさと呼びたい。


妻のお腹、だいぶ大きくなりました。


ではまた。


みとさん、天使が舞い降りましたね。
おめでとうございます。

無限の住人

かなり前のブログで、「とあるアニメ」と書いた作品。

それが、「無限の住人」です。


今日、その放送開始記念&打ち上げがありました。

初めて記事にするのに、既に打ち上げなんです。

いつ情報解禁のお許しが出たのか分からないまま、今日に至ってしまいました。


この、「無限の住人」は、アニメ化不可能と言われていた作品なんです。

何故かというと、言葉を選ばす言わせてもらえば、かなりドロドロでグロテスクなシーンが多いから。

今日の打ち上げでも、多くの方が、「決して地上波では放送出来ない作品。」と仰っていました。

もちろん、その事を誇りとして。


放送は、ATXにて。

私は、真理路という役です。


あまり配役されないタイプの役だったので、戸惑った部分もありましたが、とても楽しませて頂きました。

楽しめた大きな理由の一つが、共演者が凄い方ばかりだったから。

因みに、今日、いらしていたのは、こんな方々。

dsc02908.jpg


手前左から、浪川大輔さん、佐藤利奈さん、豊口めぐみさん、三木眞一郎さん。

そして、この写真を撮って下さったのは、小西克幸さん。


本当に凄い方ばかりでした。



今日の打ち上げでは、ちょっとばかりラッキーな事が。

ビンゴで、ATX賞をゲットしました。

私、ビンゴって、ほとんど当たった事がないんですけどね。


この賞をゲット出来たのは、‘ビンゴマン’のおかげです。

ビンゴマンとは、ランダムに出て来る数字を念力で操る男。

今日のビンゴマンは、この方!

dsc02906.jpg


小西克幸さんでした。

相変わらず、大らかな方です。


ではまた。

ザ・ホスピタルに出会えて

今日、リアルタイムで、38話の放送を観ました。

そして、次は、39話。

いよいよ、「ザ・ホスピタル」最終回の放送です。



「ザ・ホスピタル」の収録は、毎週水曜日でした。

水曜日には、‘スー・イーホア’を頭の何処かに置きながら家を出て、お水を買って、スタジオに入る。

そして、いつものメンバーとゲストメンバーに挨拶をして、左から2番目のマイクの前に座る。


そんな10ヶ月でした。


「ザ・ホスピタル」の収録が終わってから暫く経ちますが、未だに、水曜日は「ザ・ホスピタル」の収録日という気がします。


いよいよ放送も最終回なんですね。



最終回の収録には、グァン・シン役の小林さん、チュウ・チンチョン役の木下さん、そして私の三人とも、真っ白なシャツで臨みました。

単なる偶然なんですけど、そんな偶然が愛しかったです。


dsc02805.jpg


10ヶ月。

この記事を書こうと思ってブログを読み返してみると、最初に、「ザ・ホスピタル」の記事を書いたのが、昨年の9月30日。

キーワードは、‘純粋’でした。

この‘純粋’は、結局最終回まで関わってきましたね。

最初と同じものではなく、別のものでもない、‘純粋’となって。

形と位置を変え、大きさも相対的には変わったと言えるでしょう。



「弟1話」のブログで書いた、スー・イーホアの‘笑い方’と、‘呼吸’。

‘最低でも4種類の笑い方がある’と書きましたが、4種類以外にも無数の笑い方がありました。


それから、‘吸ってちょっと吐いてから喋る’。

これは、ジェリー・イェンさんのクセかな?と思ったんですが、違いました。

インタビューに答えていらっしゃる時には、ありませんでしたから。

これは、ジェリー・イェンさんがスー・イーホアを演じる時のクセ。

言うなれば、スー・イーホアのクセです。

始めの頃は、中々合わなかったけれど、後半には、どんな演技の時に、そのクセが出るか、‘クセのクセ’のようなものが分かってきたのが嬉しかったです。


ジェリー・イェンさんとは、スー・イーホアを通して、10ヶ月を共にしてきました。

最終回の中に、その10ヶ月を特に感じたシーンがあったんです。

それは、スー・イーホアが、長めの語りをするシーン。

語りですから、それを喋っている時の、スー・イーホアの顔は見えません。

でも、

今、微笑んでるとか、

今、上を向いてるとか、

今、目をつぶってるとか、

わかるんです。

わかる気がするんです。

「あぁ、これが、ジェリー・イェンさんと私の10ヶ月なんだなぁ~。」なんて、一人で感じていました。


‘笑い方’も‘呼吸’も‘語りも’、懐かしいです。


懐かしいといえば、内緒にしていた、‘2番目のマイクを選んだ理由’も、今となっては懐かしいです。

私が、2番目のマイクで、スー・イーホアを演じた理由は、相手役との距離を近付けたかったからです。

スタジオには、マイクが4本あり、2番のマイクに入れば、相手役が1番に入っても、3番に入っても、隣りで出来ます。

1番と4番の遠いマイクで演じるのも、2番と3番の近いマイクで演じるのも、些細な違いしか無かったのかもしれませんが、その些細さえ味方にしたかったんです。

結局、最終回まで2番マイクだったなぁ~。

懐かし~い。



海外ドラマの中には、「最終回は、パート2への始まり。」という作品もあります。

でも、「ザ・ホスピタル」は、最終回は最終回。

もう二度と、あのメンバーが集まる事はありません。

最初から分かっていた事ですが、やはり寂しさを感じます。

しかし、出会えなかった寂しさに比べれば、満面の笑み。

それに、「ザ・ホスピタル」に出会って得たあらゆるものは、私の中に残り、次に繋っていきます。

仕事は勿論、プライベートにも。

繋る限り、最終回はまだまだ先。

今は、そんな気持ちです。



私が、「ザ・ホスピタル」に出会えた事は、本当に運が良かったんだと思います。

「ザ・ホスピタル」という作品に、この作品を通して出会えた多くの人々に、心から感謝します。

ありがとう。

一生忘れない作品です。



最後に、今も、DVD作成等をして下さっているスタッフの皆様、暑い日々の中、お疲れ様です。

どうぞ、頑張って下さいませ。

ありがとうございました。


ではまた。

久し振りのGSG9

080713_200846.jpg
『GSG9・スペシャルユニット2』の、マヤ役、安達まりさんです。

GSG9ネタは、久し振りですね。


何故久し振りか。

何故、今日、安達さんの写真か。


理由があるんです。

でも、ネタバレに繋るので...止めておきます。



GSG9に関しては、かなり色々あります。

えっ! と思うような事が。


ストーリーそのものに関する事や、ストーリーには関係無い、ドイツの制作サイドの事情まで。


我々声優陣には、演出サイドから、知らされる事もあり、知らされない事もあります。

でも、知らされていない事があるって事は知ってしまうのですよ!

ですから、色んな憶測が飛び交ったりしています。

意味ありげな台詞、目線、カット割りがあったりすると、もう大変。

あーでも、こーでも。

意外と、あーでもが当たっていたりして。


もしかしたら、我々に、あーでも、こーでも考えさせる事も、演出サイドの狙いなのかな...。


とにかく、私の役、コニーは大変な事になっています!


ではまた。

らしい

今日、俳優座公演、『金魚鉢の中の少女』を、観に行って来ました。

その後、表参道を通ったら、メロンパンが座っていました。

‘らしい’って、難しいですね。


dsc02890.jpg


この作品は、モーリス・パニッチの作品。

ですから、翻訳劇です。

そして、俳優座の公演。

ジャンルで言えば、ストレートプレイ。

ですが、起承転結がハッキリしているような作品ではありませんでした。


今年の1月に公演した、『赤ひげ』

dsc02317.jpg

          (撮影、蔵原輝人)

こちらは、鬘でもわかるように、和物。

ジャンルは、やはりストレートプレイでしょう。

そして、俳優座の公演。


『赤ひげ』の公演後、古くから俳優座後援会に所属して下さっている会員さんに、

『‘赤ひげ’も面白かったけれど、俳優座らしい翻訳劇も観たいね。』と、言われました。


今日の芝居は、翻訳劇。

ですが、この方の仰っている翻訳劇とは全く違ったものでしょう。

‘俳優座らしい翻訳劇’とは、シェイクスピアやチェーイホフの作品という意味だと思います。


以前のブログで少し触れた、『十二夜』

dsc02902.jpg


これは、シェイクスピアの作品です。

(因みに、右側が私。女性と双子の役なので、少々女性っぽいメイクをしています)

そして、起承転結がハッキリしています。

ですが、歌で綴った演出でしたので、ストレートプレイとは言い難いでしょう。


3作品とも全て、俳優座公演。

俳優座‘らしい’




表参道に座る、メロンパン。

dsc02891.jpg


その正体は、マクドナルドの宣伝でした。

メロンパンも売り始めたんですね。


ハンバーガーは、マクドナルドらしいですが、メロンパンは?

やがて、‘メロンパンと言えばマクドナルド’となるのでしょうか。


流れゆく時間の中で、

今の時代らしい。

マクドナルドらしい。

俳優座らしい。

内田夕夜らしい。

自分らしい。


‘自分’って?


難しいですね。



ではまた。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ