2007年06月

おまけ

コルダファミリーの皆様へ。


今回の、北海道旅公演ブログでは、前回の中国地方旅公演ブログと違い、コルダ関係の話題には触れませんでした。
ですから、ガッカリなさったコルダファミリーの方もいらっしゃったかもしれません。
でも、もちろん、忘れていたわけではありません。

今回の北海道旅公演ブログには、コルダファミリーの方に向けて、ある‘おまけの遊び’を織り込んであります。
どんな遊びかは、内緒。
きっと、どなたかが見つけて下さると思っています。

最初は、「函館ピンポイント」
最後は、「また会いましょう!」
一つのブログに一つずつ。
「花々」が、一番分かり難いかな?!

現時点ではまだ出来ないと思いますが、あと二週間くらいしたら、お暇な時の時間潰しにして下さい。


念の為、特に、今回の旅でお世話になった皆様や、「コルダファミリーとは何ぞや。」と思いながらも、このブログを見て下さっている皆様にお伝えしておきたいのは、これはあくまでも‘おまけの遊び’です。
言葉を選びこそすれ、この為に、主たるブログ中に、起こってもいない事や、感じてもいない想いは、一切書いていません。
その点は、誤解の無き様にお願い致します。


それでは、また。
いずれ、何処かで。

また会いましょう!

昨日、無事に千秋楽を迎え、今日は帰京日。

約10日間という、つかの間のstageでしたが、思い出深い旅になりました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。


さて、北見から貸切バスで約1時間。
女満別空港に到着です。

フライトまで少々時間があったので、お土産屋さんをブラブラしていると、数々の北海道限定の品が。

14-2.jpg

これは、ありですが、

14-3.jpg

これは、ありですか?


「白い恋人」、「バターサンド」、「じゃがポックル」等々、定番のお土産品の間に、結構無茶な品々も。


14-4.jpg

ミッキー鶴。

14-5.jpg

ミニー蟹。

14-6.jpg

イカキューピー。

14-7.jpg

ドーモくんクリオネ。

14-8.jpg

ドラえもんイクラ。

14-9.jpg

まりもっこり。

かなり笑えました。
さすがです、北海道!


1時間40分のフライトを経て、
dsc01794.jpg

気温17度の女満別から、29度の羽田に到着。

暑いです!!

厚手の上着をさっさと脱いで、今、羽田のカフェでこのブログを書いています。

明日から、また違う仕事がスタート。
これから自宅に戻り、旅の荷物と一緒に気持ちも整理して、新たな気持ちで向かって行こうと思います。
お世話になった皆様、ブログにお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。

また会いましょう!



今回の、北海道旅公演ブログは、これで終了です。
尚、コルダファミリーの方には、おまけのブログがありますので、数日したらまた覗いてみて下さい。

千秋楽

今日は、北見にいます。

「北見」と言われても、パッと場所が思い浮かばない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
dsc01750.jpg

網走の近くです。
近くと言っても、かなり距離はありますが..。

釧路から北見までは、ちょうど良い時間の電車が無かったので、貸切バスでの移動です。
朝早い出発だったにもかかわらず、多くの釧路の方々に見送られての出発でした。
釧路の方々、本当に色々とありがとうございました。

バスの旅は、約3時間。
のんびりと草を食む牛や馬を眺めながら、「エゾ鹿に会えないかなぁ~。」などと思っていたら、「エゾ鹿バーガー」なんて看板が出て来てビックリ!
また、山も無いのに携帯が圏外な地帯があって、これまたビックリでした。

色々ビックリしながらも、無事に北見に到着。

北見は、
dsc01756.jpg

こんな感じの街です。


さて、今日は千秋楽。
この北海道旅公演の千秋楽であり、足掛け6年続いた、この作品自体の千秋楽でもあります。
ですから、何か記念になる様な写真を撮っておきたいと思い、カメラを持ってウロウロと。
しかし、結局しっくりくる物が無く、諦めて開演前の柔軟と発声を始めてしまいました。
柔軟と発声は個々に舞台でやるのですが、その時間は、各スタッフの最終チェックの時間でもあります。
その時に、フッと思いついて撮ったのが、この写真です。
dsc01759.jpg

カメラを客席に向け、照明さんにピンスポットを当ててもらい撮りました。
舞台上で正面からピンスポットが当たっている時って、こんな風に見えるんです。

だからどうでもないのですが、私にはしっくりくる1枚になりました。


今日の千秋楽を無事に迎え、明日は帰京日です。
明日のブログは、羽田空港のカフェからになると思います。

そうそう、一つ訂正を。
「くしろよろしく」のブログに書いた、美味しかった鮭、「鮭児」は、「えいじ」では無く、「けいじ」でした。 ごめんなさい。

ではまた。

タンポポ

今日も釧路です。

今日の公演も夜公演でしたので、昼間、「釧路湿原」に行って来ました。

一人でのんびり行くつもりが、釧路駅の改札で公演メンバーの一団とバッタリ。
思いがけず、‘俳優座釧路湿原ツアー’になってしまいました。

ホームに上がって行くと、何故か、喧騒に満ちた空気が。
?と思い見てみると、お笑いコンビのキャイーンさんがやっている、「もしもツアーズ」のロケでした。

かなり盛り上がっていましたが、‘俳優座ツアーズ’も負けてはいません。
だって、
dsc01713.jpg

こんなに、ノリの良い連中や、

dsc01714.jpg

ノリの良過ぎる連中ばかりでしたから。

我々が乗ったのは、釧路版の‘ノロッコ号’。
その、ノロッコ号に揺られる事、約25分。
dsc01733.jpg

「釧路湿原駅」に到着。
完全な無人駅で、駅員さんどころか改札すらありませんでした。

ここから、森林浴を、約15分。
dsc01729.jpg

着きました!

私が邪魔でよく見えないでしょうから、もう1枚。
dsc01728.jpg

広いです。 本当に広いです。

以前、ブログを書き始めた頃は、どうやったら写真を小さく出来るのか悩んだものですが、どうやったらこの大きさを伝えられるのか悩みます。
ノロッコ号に流れていた解説によると、日本中の全ての湿原を合わせたとすると、その60%以上を釧路湿原1箇所だけで占めるそうです。
‘雄大’という言葉がピッタリな場所でした。


さて、釧路に戻り無事に公演を終えた、カーテンコールの時。
とき役の川口先輩が挨拶をしました。
本来は、躍進を続けながら10周年を迎えた釧路の方々へのご挨拶だったのですが、何だか我々の方が熱くなってしまいました。
何故なら、この公演も残すところ1ステージになってしまったからです。

北海道の旅公演が残り1ステージという意味もありますが、約6年間、毎年旅公演をやり、四国、静岡、沖縄以外の全国を旅したこの作品自体が、残り1ステージなのです。
「この公演メンバーは解散しますが、また新たな作品でメンバーを組み、釧路に伺わせて頂ければと思います。宜しくお願い致します。」
最後に全員で一礼をして楽屋に戻ると、「もう1回出て下さい。」の指示が。

嬉しかったです!

dsc01739.jpg

「北海道はタンポポが多いなぁ~。」と思って撮った1枚でしたが、今日は違った想いが重なります。

ではまた。

くしろよろしく

今日も釧路です。

今日は夜公演でしたので、お昼に、「和商市場」という所に行って来ました。
‘行って来ました’ではなく、‘連れて行って頂きました’ですね。
公演メンバーを、地元の方が案内して下さったのです。

市場に入って、最初にするのは、
dsc01686_1.jpg

ご飯を買う事。

市場で、ご飯?

しかし、このご飯が、5分後には、
dsc01689.jpg

こうなります。

ご飯を片手に市場の中を歩きながら、「これ乗せて下さい。」、「これも乗せて下さい。」と、自分の好き勝手に丼を作れるのです。
ですから、名づけて‘勝手丼’。
私の勝手な命名ではありませんよ。
釧路名物の‘勝手丼’です。

鯖、蛸、甘エビ、いくら、カニ、鮭、まぐろ、えんがわ、等々々。
勝手にも程があるくらい勝手に丼を作りました。
美味しかったです!

中でも、抜群に美味しかったのは‘鮭児(えいじ)’と呼ばれる鮭。
脂の乗った鮭なのですが、その乗り方がサラリとシッカリ乗っていて、今まで食べた鮭の中で、一番美味しかったです。

その後も、市場の中をウロウロ。

出ました!
dsc01694.jpg

北海道と言えば、じゃがいも。
王道の美味しさでした。

正直、釧路は食べまくっています。
昨夜も、地元の方ご推薦のお店で美味しく頂きましたし、今日のお昼は‘勝手丼’
そして、夜も、
dsc01705.jpg

dsc01708.jpg

dsc01709.jpg

地元の方々との交流会で、美味しく楽しく頂きました。

今日のブログは完全に‘食いしん坊ばんざい’のブログになっていますね。

しかし、釧路は、食べ物よりも、人です。

昨夜、今日の昼、そして今夜。
全て地元の方々に案内して頂きましたし、公演でも大変盛り上がって頂きました。
色々とお話や感想も聞かせて頂きました。

若い方、年配の方。年齢に関係なく覇気に溢れているのが、とてもありがたく嬉しかったです。
ありがとうございました。


食べ物の写真だけでは、本当に‘食いしん坊ばんざいブログ’になってしまうので、街の紹介も。

釧路は、こんな街です。
dsc01700.jpg

中央に写っている橋の上から、海に沈む夕日が見えるそうです。
とてもとても綺麗なそうなので、是非見たかったのですが、残念ながら釧路は全て夜公演。
夕日の頃は本番中です。
また釧路にお邪魔して、見てみたいです。

でも、こんな景色は、しっかり見ました。
dsc01685.jpg

夜霧の川辺です。

先程の橋のすぐ脇の風景です。
橋の上を行き交う車の、流れて行くヘッドライトに夜霧が映えて、しっとりとした雰囲気を醸し出しています。
言葉を交わさずとも近くに感じられる。そんな夜霧でした。

食べ物、風景、そして人。
釧路、とってもいいです!

ではまた。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ